<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。
レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。





株式会社ヌーラボチェック
株式会社ヌーラボのコツ
URL:http://cloudpack.jp/partner/nulab.html


<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:18/5/21

旦那の健康を考えるなら、
奥さんはしっかりと
旦那の12時食代を確保しておくことが大切だと思う。

12時食代が少なければ、
どうしてもジャンクフードに手を出さなければならず、
そうなれば確実に肥満に成って行くし、
後日、深刻な病気になり、病院に入院してしまうようになる…
その方が家計には大打撃なのである。

奥さんとしては
苦しい家計の中から高額な12時食代を捻出するのは大変だが、
かといってこの出費をけちれば、
一家の稼ぎ手が駄目になってしまう…

12時食代は冷静に考えれば僅かな金額なのだが、
この12時食代が深刻な問題になるのは、
お子さんが1人か2人いる状態の時である。

この時期は家計が最も苦しくなる時期なので、
どうしても奥さんは12時食代をけちろうとしてしまうのである。

そうなると旦那は勤労意欲を失ってしまい、
なかなか出世していってくれなくなり、
逆に家計が苦しいままになってしまうのだ。

家計が苦しいからこそ、
奥さんは弁当を作って12時食代を節約しようとするのだが、
愛妻弁当のために出世の機会を失うこともあるので、
気をつけなければならない。

サラリーマンなら上司や同僚たちと
外食に行くことで12時食を食べながら情報交換を行い、
それによって出世の糸口を掴んでいくことも少なくない。

大事なことは
「お金よりも情報」ということなのだが、
お金を掴んだだけでは成功することはなく、
お金だけでなく情報を掴んだからこそ成功するのである。

奥さんが旦那に弁当を作ることが
必ずしも正しい愛情表現ではないのだ。

奥さんが旦那に弁当を作らず、
きちんと12時食代を渡しすことも、
ちゃんとした愛情表現であるのだ。