<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。

 

モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。



<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:18/7/19

シェイプアップを成功させるためには、
適切な体操が効果的!

それは、体操することによって、
筋肉をつけ、消費するエネルギーの量を
増やすことができるからです。

でも、ただ闇雲に
体操すれば良いっていうもんじゃないみたいなんですよね。

時間によって、
シェイプアップの効果が
変わってしまうことがあるみたいですよ!

出来ることなら、午前中に
シェイプアップのための体操の時間を取り入れると良いそうです。

というのも…
体操をすると、しばらくの間、身体は熱を発生し続けます。
体操した後って、身体がポカポカしますよね?

身体がポカポカしているのは、
熱を発し続けている証拠でもあります。

なので、体操をやめてもしばらくの間は
脂肪が燃焼し続けているわけです。

通常、体操をやめてからも
約6時間くらいは脂肪が燃焼し続けているといわれています。

午前中に体操を行ったとすれば…
その後6時間というのは、
まだまだ活動的に動いているのが、通常のあたしたちの生活リズムです。

だから、より脂肪が燃焼しやすい環境を
作り出すことができるわけなんです。

食べる事の時間との関係についても
チェックをする必要があります。

みなさんは、
食後にいきなり体操をして、
横っ腹が痛くなった経験はありませんか?

食べる事直後の体操は、
内臓に大きな負担をかけてしまうんですよね!

食べる事をしてから、少なくとも2〜3時間は間隔をあけて
体操を始めるといいでしょう。

これくらいなら、胃への負担も少ないでしょうし、
腹がすいているという状態でもないからです。