<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。

 

モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。



<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:18/12/08

ダイエットしてるのに、
ウエストがいっぱいになるまで食べないと落ち着かない、
どうしても食べ過ぎてしまう・・・

ダイエット中は、
食べたい気持ちを抑えるのはストレスがたまるし、
辛いですよね。

でも
慢性的に食べすぎの状態が続くと
体重が増えたり、体にも負担がかかってしまいます。

ストレスにならない程度に、
明日からでもできる
少しの工夫をしてみましょう。

ご飯を食べる時は、
野菜や海藻類、スープなど
低カロリーでかさの多い料理を先に食べるようにして、
まず、空腹感を満たしましょう。

ご飯の食べ始めは、
ウエストがすいていますから
噛む回数が少なく、どんどん食べてしまうので、
噛む回数を意識的に増やしてあげましょう。

そうすることで、
満腹中枢の時間差が解消され、
少ないご飯量でもウエストが満足しますよ!

ご飯を玄米や雑穀ごはんにすると、
噛みごたえが増すのでオススメです。

また、
ウエストがすきすぎてると、
どうしても食べすぎにつながります。

そんな時はあえて間食をしましょう。
小腹が空いたら、
スナック菓子よりもくだものやヨーグルトがオススメです。

帰宅時間などが遅くて、ご飯の時間が遅くなる場合は、
途中でおにぎりなどを食べておいて、
家では軽く済ませるなど工夫してみてください。

この中のひとつでも実践してみて、
それでも食べ過ぎてしまったら
「また明日気をつけよう」
と気を楽にすることです。

我慢しすぎてストレスをためてしまうのは、
ダイエットにとって逆効果ですよ。

長く続けて習慣にすることが
ダイエット成功の秘訣だと思います。