<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください

最近、均等に効果を出すことの出来る最新技術のレーシックが注目されています。
モノビジョンレーシックと呼ばれているレーシックであり、遠くと近くがよく見える目を矯正することの出来るレーシックの種類です。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
老眼鏡というのは「遠近両用メガネ」とも言われているように、遠いところと近いところ両方を見えるようにするメガネです。
モノビジョンレーシックというのは、それと同じ効果を手術をすることによって実現することが出来るのです。

 

モノビジョンレーシックを実施することによって、あなたの生活環境に大きな変化が現れることでしょう。
補助器具であるメガネもコンタクトレンズもいらない、自然体な裸眼生活は快適なものとなるハズです。



<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せくださいブログ:19/4/20

酵素は身体の中でも作られますが、
身体の中で作られる酵素の量には限界があります。

なので、
食べ物から酵素をとることが大切なのですが…

酵素は熱に弱く、
加熱した食べ物には、酵素は存在しません。

そこで酵素を効果的にとるには、生のものを食べるしかありません。
生野菜、フルーツ、お刺身などがいいのですが、
中でもオススメなのはフルーツ。

フルーツには、酵素がたっぷり含まれています。
パイナップルやパパイヤがお肉を柔らかくするのも、
酵素のパワーなんです。

中でも酵素の多いフルーツは、
パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイです!

ただし、
酵素を効果的にとるためには、
フルーツは、食べる事の後ではなく
食べる事の前に食べることが大切です。

普通の食べる事は、2時間から4時間かけて胃から腸へと届きますが、
フルーツはたったの30分で腸に届くそうです。
なぜなら、フルーツにはたっぷりの酵素が含まれているからです。

そして腸に届いた酵素は本領を発揮して
お腹の中をキレイにしたり、
後からくる食べ物をしっかり分解吸収してくれます。

でも、食べる事の後にフルーツを食べてしまうと、
前を行くごはんやおかずにジャマされて、胃で立ち往生…
「早く腸に行かせてよ〜」とじだんだを踏むフルーツを胃酸が襲う…

…というわけで、
フルーツは、食べる事の30分前か
食べる事と食べる事の間に食べるようにしましょう。

酵素の働きは
「食べ物の消化」と「新陳代謝」ですが、
その中でも、特に「解毒」に大量の酵素 が使われます。

なので、
外食の多い方
ファストフードが好きな方
むくみやすい方…は、
ぜひ、食べる事の前やお腹が減っている時に
フルーツを食べて、
効果的に酵素を補充することをオススメします!