<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。
レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。

 

まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。



<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:18/5/15

減量を継続させるために…
おいらのオススメの方法は
とにかく「体重を毎日計る!」です。

読者様は、
「昨日より4`痩せた!」とか
「やばい、4`増えちゃった…」なんてことを
言っている経験はありませんか?

これは別に悪いことではないんですけど…
ただ減量を継続するという点においては
よくないと思うんですよね。

それは、精神的にストレスがかかりすぎるからです
毎日、毎日そんな微妙な体重の変化に振り回されていたら
疲れてしまいます…

1日や1日で減量に成功した!
なんて人がいるわけ無いですし…

昨日は痩せたのに、今日は増えちゃった…
そんな毎日ばかり繰り返していたら
せっかく最初に頑張ろうと決めた減量も
途中で嫌になってきちゃうと思いませんか?

あくまでも体重を毎日計るのは
減量を習慣化するためであって、
体重の増減を気にするためではありません。

そして、
朝方一でも晩寝る前でもいつでもいいので、
なるべく決まった時間帯に体重を計るのが望ましいですね。

同じ時間に計ることによって、
減量の習慣化・継続につながるからです。

今日も1日頑張ったとか、
明日も頑張ろうっていう気持ちも大切ですし、
一回習慣化してしまえば、苦もなく続けていけますもんね!

また、同じ時間帯でないと
正しい体重の増減の変化を把握できません。

晩寝る前と朝方起きた時では、
その間に何も食べていなくても体重は減っていますよね?

当然朝方起きたときのほうが体重は軽いわけですが、
これはいうまでもなく
体の中の水分が寝ている間に使われた結果です。

なので、
なるべく毎日体重を計る上で、
同じ時間帯に体重計に乗ることを心がけましょう!