<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある

レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
数あるクリニックの中には遠方から訪問される患者さんに対して交通費を補填してくれるクリニックもあるのです。 視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。
全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給されることとなる条件や金額はほぼ一定となっているので、上手に利用していきましょう。

 

レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
いくら遠方だったとしましてもクリニックがある県の場合におきましては、支給の対象外となることもあるのでご注意ください。



<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもあるブログ:19/2/11

私の母親や祖母は、
すごく料理が好きでした。

おかしはいつも母親の手作りで、
好物と言えば、最も古い記憶にあるのはマドレーヌ。
当時にしてはとてもモダンなおかしだったと思います。

もっと驚くのは、
母親にとっての「おふくろの味」が
タンシチューであったこと。

母親の時代でさえ店頭には今みたいな薄切りのタンはなく、
一本丸ごと注文して
ずんどう鍋でコトコト煮ていたのですから、
祖母の時代はなおさらのことだったと思います。

母親も生クリームを
牛乳屋さんと交渉して手に入れていたとよく自慢していました。

しょっちゅう母親が作ってくれた料理は
ジャガイモの「ニョッキ」。

大きくなってから
本場イタリアンのニョッキとは全然形が違うことを知って、
びっくりしました。

私の頭の中では
ニョッキといえば白玉団子のように円盤形でした。

どこで作り方を知ったのか母親も覚えていないのですが、
あれのルーツを知りたいと今も思っているんです。

もう1つおかしで大好きなのがシュークリーム。

母親に教わってよく作っていたのですが、
子供の頃、どうしてもチーズケーキくらいの
特大シュークリームを作りたくて挑戦し、
大失敗したことがありました。

その時は機械を使わず、
人の手で生地に混ぜこめる卵の量に
限界があるなんて知らなかったんです。

卵がなかなか入らず、
ついにはすり鉢やスリコギまで登場…
結局、ふくらんだと思ったらペコっと落ちてへこんでしまい、
これには子供ながらに大ショック!

自信満々だっただけに、
今でもその経験はトラウマになっているほどです。