<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある

レーシックを行う患者さんの負担を少しでも緩和するためのサービスというのが最近では非常に充実しています。
数あるクリニックの中には遠方から訪問される患者さんに対して交通費を補填してくれるクリニックもあるのです。 視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。
全国にレーシックのクリニックを展開している有名な眼科医院の多くが交通費の補助制度を採用しています。
補助金が支給されることとなる条件や金額はほぼ一定となっているので、上手に利用していきましょう。

 

レーシックの交通費支給というのは、クリニックの県以外のところから通院される方が対象となります。
いくら遠方だったとしましてもクリニックがある県の場合におきましては、支給の対象外となることもあるのでご注意ください。



<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもあるブログ:18/9/17

おれには
リウマチを二十才で発病した叔母がいる。

その叔母はパパのいもうとで、
おれの記憶にある初対面の印象は、
パパが手を貸しながら車から降り、大きな瞳を細くし、
ゆっくりとおだやかに話す、キレイなお姉さんだった。

幼いおれにとって、
キラキラした瞳で誰にでも優しく接する叔母は、
「見て見て、おれのおばさんだよ」と
自慢してまわりたい素敵な存在だった。

だが、歩いて外出することは少なかった。
今思えば痛みのことなど理解できるのだが、
五才くらいのおれにとっては「外に行くのが嫌いなんだ」と思い、
一緒にお買い物に行ったり、遊びに行って欲しかったが
あまり積極的には誘わなかった。

小学生になり、
おれは学校の事などを叔母に語った。
おれのたわいもない話に、
叔母は面倒臭そうな顔一つせず、逆に何十分も話の相手をしてくれた。

そんな叔母が大好きで、
一緒に外出したいと強く感じた時、
おれは質問した。
「どうして外に行かないの?一緒にお買い物に行きたいな!」

すると、叔母は
「脚が痛くてね、長い時間立っていられないんだ、ごめんね…」
と言った。

おれは「ごめんね」と言った叔母に
「しまった、悲しい気持ちにさせてしまった」と感じ、
さみしそうな表情をしていないかと思いながら、
叔母の顔をのぞくと…

叔母はいつものニコニコ顔で、話を続け、
「おれのこの痛みはね、他の人が痛い思いをしないように、
神様がおれだけにくれた痛みなんだよ。
あんたやあんたのおとうとやいもうとが
元気で痛い思いをしないで済むと思うと、
この痛みへっちゃらなんだよ。
だからあんたはおれの分まで元気でいてね!」
と言った。

今から10年以上も前のやりとりだが、
おれにはこの言葉が胸に刻まれている。